Firefox のロケーションバーで、ちょっと詳細検索

Firefox Logo

Firefox のロケーションバーって便利ですよね。

F6 や、 Ctrl + l といったショートカットですぐアクセス可能で、何も入力せずに キーでよく見るウェブサイト、文字列を打ち込むと一瞬で履歴やブックマークから情報を検索してくれる。

結果は大きめのプルダウンで提供され、見やすく操作しやすいのも個人的には好みです。

詳細検索

上記に挙げた中で Firefox 独自のものといえばプルダウンの大きさくらいですが、 Firefox のロケーションバーにはさらにもうひとつあります。

それは手軽な詳細検索です。

簡単で強力。
記号を単体で入力するか、記号と検索ワードを半角スペースで繋いで書くだけ。

検索対象と記号は以下のとおり。
記号は各 about:config の項目から変更可能です。

検索対象 記号 about:config
タイトル # browser.urlbar.match.title
URL @ browser.urlbar.match.url
ブックマーク * browser.urlbar.restrict.bookmark
履歴 ^ browser.urlbar.restrict.history
現在開いているページ % browser.urlbar.restrict.openpage
タグ + browser.urlbar.restrict.tag
タイプ履歴 ~ browser.urlbar.restrict.typed
  • タグは、ブックマーク時に付けれるタグのことです。
  • タイプ履歴は、自分自身ロケーションバー利用が多いため理解しづらいのですが、おそらく「ロケーションバー入力からアクセスしたサイト」に検索範囲を限定するものだと思います。
  • ちなみにプルダウンリストの長さは、 about:configbrowser.urlbar.maxRichResults から設定可能です。

  • @ news.yahoo ――見たことのあるヤフーニュースを URL から検索。
  • レシピ # つみれ 鍋 ――見たことのある鍋用つみれのレシピをページタイトルから検索。記号の位置がどこでもいいことに注目。
  • * 長生き ――ブックマークしてる長寿関係のページを検索。

ウェブ検索

詳細検索と似た機能として、ウェブ検索も手軽に実行できます。

先頭に半角の ? を置いてから検索ワードを入力し Enter を押すと、既定の検索エンジンからウェブ検索をおこなうことができます。記号と検索ワードの間に半角スペースは不要です。

なおこの機能は Firefox 限定ではなく、 Internet Explorer や Chrome といった有名どころのブラウザにも実装されています。便利です。

併用すると便利なもの

最後に、併用すると便利なことをいくつか。

タブ操作のショートカット

履歴にしろブックマークにしろウェブにしろ、検索を使うタイミングで多いのが別のページを見ているときです。

そういうときは Ctrl + t で新しいタブをさっと開き、ひと通り見たら Ctrl + w でさっと閉じるのが便利です。
新しいタブを開くと、フォーカスが自動でロケーションバーに合うのもいいですね。

別のブラウザでも使えるテクニックです。
……そういうのばっかりですいません。書き上げてから気付きました。

文節単位の移動・編集

ブラウザどころか、文字入力が可能な PC ソフトウェアの大半で利用可能な機能です。

  • Ctrl と左右カーソルキーで、文節単位の移動
  • Ctrl + BackSpace で、分節単位の削除

日本語対応が甘いソフトウェアの場合、文節の範囲をうまく認識できず無茶苦茶な範囲を移動・削除することもありますが、 Firefox をはじめとする主要ブラウザでは問題ありません。

URL の編集のほか、文書編集にもかなり便利です。

IME自動無効 (Auto Disable IME)

ロケーションバーにフォーカスした際、自動で IME をオフにしてくれる Firefox アドオンです。
日本の方が作っています。

URL のパーツを検索に利用することが多いので、個人的には必須です。

IME自動無効(Auto Disable IME) :: Add-ons for Firefox

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です